ペットホテルを育てるようになると 雨が好きになる。
ペットホテルを育てるようになると 雨が好きになる。
ホーム > コールセンターシステム > CTIシステムの種類について

CTIシステムの種類について

CTIシステムには複数の種類があり、企業の規模によって適したCTIが異なってきます。

そしてインバウンド型なのか、アウトバウンド型なのかによっても適した種類が変わります。

インバウンド型だと電話をかける前に顧客の情報をあらかじめ確認できますが、アウトバンド型だとそうはいきません。

ですから電話番号を元に顧客情報を自動表示する種類のシステムが望ましいのです。

上記の電話の録音は企業規模の大小やインバウンド、アウトバウンド問わず必要なのですが、それ以外の機能はコールセンターの種類やオペレーターの主業務によって必要性が変わってきます。

大規模なコールセンターだとCTIが組み込まれた専用端末を用いることもありますが、小規模の場合だと気軽に扱えるアプリケーションタイプの種類のCTIが使われることが多いようです。

対応機能が増えると導入コストが高くなるので、自社に必要な機能や種類を見極めることが大切です。

コールセンターシステムならオープンコムへご相談ください。